Zeebra

今や伝説と化したヒップホップグループ「KING GIDDRA」(95年デビュー)のフロントマンとして名を馳せたZeebra。早くからその才能を開花させ、日本語におけるラップを新たな次元へと引き上げ、ヒップホップ・シーンの拡大に貢献した立役者。97年のソロ・デビューから常にトップの座に君臨し続け、常に上のレベルを追求する姿勢に共感を覚えるリスナーも数知れない。その音楽性の高さや技術、スマートなスタイルと存在感により、男女を問わずリスナーの間でカリスマ的存在となっている。 他のアーティストからの信頼やリスペクトも厚く、自身の作品に加え世代やジャンルの垣根を超え、数多くの客演も行っており、その作品数は100をも超えている。 2003年にはR&Bプロデューサーの「今井了介」と日本のクラブ・シーンを代表する「DJ KEN-BO」との3人で、アンダーグラウンドとオーバーグラウンド、そしてヒップホップ・シーンとR&B・シーンを結ぶプロデュース・チーム「FIRSTKLAS」を結成し、「安室奈美恵」の別名儀「SUITE CHIC」のデビューシングルや、「EXILE」などのプロデュースをするなどその足は止まらない。 2005年、その活動は音楽制作に止まらず、ヤクルトスワローズと明治神宮球場の演出プロデュース『Beat Park』を手掛けたり、ドラマ「15歳のブルース」に出演するなど活動の幅を広げる。 2006年には自身4枚目となるアルバム『The New Begining』を発表し、USトッププロデューサーの「Swizz Beatz」や「Scott Storch」らの参加や、「AI」「Mummy-D」「安室奈美恵」を1つの楽曲に呼び込むなど、Zeebraにしかなし得ない、まさに『不可能を可能にした日本人』として日本中を騒がした。 また、その活動の影響力は海を超え、2007年にはアメリカ、韓国、タイ、台湾など海外の都市も含めたクラブツアーを成功させ、2008年にはタイ・バンコクのIMPACT ARENAで開催された『ASIAN HIPHOP FESTIVAL』に日本の代表として招かれたり、韓国ではシェラトン・ウォーカーヒルでのライブに参加し、マカオではアジア最大級の音楽授賞式『2010 Mnet Asian Music Awards』に「Drunken Tiger」(韓国)らと共にオープニングアクトを務めるなど海外での評価も高まっている。 そして、2008年にはラップを始めて20周年という節目の年を迎え、ベストアルバム『The Anthology』を発表し、自身初となる武道館ワンマンライブ『Zeebra 20th Anniversary The Live Animal in 武道館』を成功させ、新たな伝説をヒップホップ史に刻み込んだ。 2010年よりAriola Japanに移籍。移籍第1弾シングルとして、PS3ソフト/SEGA『龍が如く4~伝説を継ぐもの~』のタイアップソング『Butterfly City Feat.RYO the SKYWALKER, Mummy-D & DOUBLE』をリリース。今夏にはヒットシングル『Fire』の楽曲制作した「DEXPISTOLS」と共に自身初となる『FUJI ROCK FESTIVAL』への出演を果した。 またCLUBで国産の音源がプレイされない事に異議を唱え『KUROFUNE ~FLOOR INVASION TOUR~』と題した、DJツアーを全国各地で開催し、洋楽中心で構成されているクラブのフロアを、日本語楽曲オンリーの選曲で構成するという全く新しいコンセプトのもと、日本のクラブシーンへ向けて新たな形を提言した。同年、坂本順治監督の『座頭市 THE LAST』に役者としての出演も果たす。 2011年、自らの名にインンスパイアされた“黒と白”のコンセプトによって制作された約4年2カ月振りのオリジナル・アルバム『BLACK WORLD / WHITE HEAT』が完成。東京スカパラダイスオーケストラとのコラボや、全世界累計500万本を超える超人気ゲーム『龍が如く』シリーズから派生したパチンコ台『CR龍が如く見参!』のテーマソングを担当するなど話題を振りまいた。 また、2011年3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震から派生した数々の問題に口を開き、キングギドラ(現:KGDR)を再結成し、チャリティーソングとして『アポカリプスナウ』をリリースし、「HI-STANDARD」が横浜スタジアムで開催した『AIR JAM 2011』に唯一のヒップホップ・アーティストとして参加を果たした。 2012年、世界180カ国で放映中のNHK WORLD『J-MELO』のEDテーマ曲『MR. MIYAGI』と、本年2月にアメリカにて公開され瞬く間に全米第一位を獲得した映画『ネイビーシールズ』イメージ楽曲という全世界へ照準を向けたワールドスタンダード『I Do It』の2曲を配信しながらも、1st アルバムのツアーを再現したコンセプトライブ『THE LIVE ANIMAL REWIND』の開催や、自身が主催するレギュラーイベント『Secret Lovers』を新宿ヒルトンホテルにて開催した。
2013年、昨年の企画ライブに続き、2nd アルバムのツアーを再現した『THE LIVE ANIMAL REWIND 2』や、JAZZミュージシャンの「TOKU」と共に日本を代表するホテル『ホテルオークラ東京』にて、ディナーショーライブを2日間に渡り開催し大成功を納めた。そして、ラップを始めて25年の節目を迎え、8枚目のアルバム『25 To Life』と、100曲の客演楽曲を収録した「100 Feat」をリリースした。”25 To Life”とはアメリカ合衆国の法律で懲役25年から終身刑という重罪の意があり、ヒップホップに25年間囚われた。これからも囚われの身という意がこめられている。 また、世間で問題視されている風営法問題に正面から向き合う為に、CLUBで活動する様々なジャンルのアーティストと共に『クラブとクラブカルチャーを守る会』を設立し、初代会長に任命され、ライブ活動やTV、雑誌などのメディアを通したり、国会議員やCLUBの営業者と解決策を話し合うなど、日夜メッセージを発している。 2014年、これまでの夏曲と新たに制作した夏曲を収録したサマーベストアルバム『Summer Collection』をリリース。 8月には自身がプロデュースでのヒップホップ・フェス『SUMMER BOMB』をお台場ZeppDivercCityにて開催し大成功を納めた。そして、Zeebraが代表となる新レーベル『GRAND MASTER』を発足。若い世代の中で話題の高校生ラップ選手権の優勝者で一躍ヒーローとなった「T-PABLOW」と「YZERR」の双子兄弟によるユニット「2WIN(トゥーウィン)」や園子温監督「TOKYO TRIBE」にも出演し注目度を増す実力派「EGO」に加え、著名な10名のダンサーが集い、日本語ラップの音源だけで踊る大型ダンスユニット「SHOW GUN」が所属し、近日情報公開とされた「ヒップホップ界の大物アーティスト」も所属予定だ。 アーティストとして四半世紀を超えても、常に前進し不可能を可能にす続ける鼻息荒い縞馬の言動から目を離すな!!